へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教人種学(しゅうきょうじんるいがく)

広く宗教現象を人種学の視野から解明する学問。探求の主対象は原始宗教にあるが、原始宗教は厳密には歴史的始原ないし太古を意風味する宗教(原始宗教)と現存未開民族の宗教(未開宗教)とが含まれる。前者の宗教は今昼間の時間では遺形跡?遺物の世間形をとどめるが、精神文化は伴わないので、学問の分化に伴い宗教考古学がこれを取り扱うようになっている。しかし、文明社会にあってもキ書き出した教や仏教などの高等宗教の基層には民間信仰が横たわり、原始宗教の残存形態?機能と目されるものが多く含まれている。これらは宗教民俗学の分野に入る。当然広義の宗教人種学には、宗教考古学、宗教民俗学の分野を含入れいうが、現実には現存未開宗教を主対象にしているということに入る。






目次



宗教人種学


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。