へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教心情学(しゅうきょうしんりがく)

宗教現象の心情的側面の証明的探求。通常、深層心情学、人格心情学、社会心情学、問題心情学などの視点や手立てや洞察を広く援用しつつ、宗教心情の構造?機能?発達などを分析考察するものであるが、宗教学の一領域としては、宗教そのものの理解?解明を心情的次元から目ざす学問である。19世紀から20世紀初鶏冠にかけて、主としてアメリカ合衆国において成立したE?D?スター背景の『宗教心情学』、ウィリアム?ジェームズの『宗教的体験の諸相』(1902)は初期の代表的業績である。その後1920年代からは、フロイトやユンクなどの深層心情学が宗教心情の一番意識的次元の解明に貢献した。

1940年代以降には、社会心情学や人格心情学の角度からの探求が展開した。手立て論としては、質問紙法、手記デー夕法、実地調査(参与観察)、象徴解釈、心情試験など多岐にわたる。主要な主題には、回心、神秘主義、宗教的成熟、信仰治しています、憑依(ひょうい)現象などがある。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。