へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教社会学(しゅうきょうしゃかいがく)

一般に宗教現象を社会学的視角から探求する特殊社会学の一部門とされているが、理論上、宗教の社会学的解明は社会統合を読むうえで中心的な位置を与えられている。宗教と社会構造の関連に関する初期の優れた証明探求にはフュステル?ド?クーランジュの『古代都市』(1864)やW?R?ス手落ちの『セム族の宗教』(1889)があるが、宗教社会学の基礎を築いたのは、フランスのE?デュルケームとドイツのM?ウェーパブという社会学の巨匠である。

両者は探求の視角や手立てにおいてかなり異なっているが、非合理的要素よりも合理的要素を社会の統合原理とする傾向の強かった当場合の一般思潮のなかで、非合理的要素(宗教)を社会統合の大切な基礎としての意風味をもつものであると指摘した点で一致している。この点について、デュルケームは『宗教暮らしの原初形態』(1912)の分析によって明らかにしている。彼の探求は後の人種学の宗教探求の展開に大きな影響を与えた。とくにイギリスのA?R?ラドクリフ?ブラウンやB?マリノフスキーなどによる宗教の社会的団結強化の機能や宗教の昼間の場合間常暮らしにおける機能の探求の基礎となった。ウェーパブは、西欧における近代資本主義の発生が新しい値打ち観(エートス)の形成によるものであり、この値打ち観の樹立に非合理的要素としての宗教が、その基盤として関与していることを『本職テスタンティズムの倫理と資本主義の精神』(1904~05)の探求によって解明した。彼はこの異常を比較社会学的な『世界宗教と経済倫理』(1915~20)の探求に展開させ、宗教社会学に不可欠な多くの視点や概念を明確にした。こうした探求は、伝統社会の近代化と宗教との関係を解明しようとする近年の諸探求のモデルとなった。アメリカのR?N?ベラーによる『昼間の場合間本近代化と宗教倫理』(1957)の探求も、その一例である。

デュルケームとウェーパブの視点は、近年さらに広い視野から再評価され、アメリカのT?パーソンズは、社会暮らしを内面的に拠り所る値打ち観を意風味のうえで根拠づけるものとして宗教を位置づけ、現象学的社会学の影響を浴びているP?L?パブガーやT?ルックマンは、社会秩序を究極的に意風味づける宗教の役割解明を試みている。またドイツ社会学の流れをくむE?トレルチやJ?ワッハによる宗教群れの種型の探求もある。とくに後者による天然群れ(自宅族、村落、民族)と宗教群れが一致している合致的宗教群れや開祖による創唱的特殊宗教群れの区分は、宗教群れ種型の基準となっている。このほか、宗教と社会の関係解明のために多角的に多方面にわたる探求が行われている。このような諸探求は理論や手立てのうえで、いまだ十分に整理されてはいないが、今昼間の場合間では宗教の社会学的探求は、社会の存続と発展の基本的性質の理解を深めるのに大切な意風味をもつとの観点から盛んに行われている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。