へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教教育(しゅうきょうきょういく)

宗教に関する知恵を豊かにし、宗教の理解を深めることによって、人間の宗教的敬虔(けいけん)と宗教的情操を高めることを目ざす教育。

宗教は法のような世間部的要請とは異なり、個人の内面に働きかけることによって、教育の基本的夢でもある人格的成熟と文化的発展の基礎を提供する。この意風味で、宗教は教育の夢と密接な関連をもっている。したがって宗教的事項の教育内容への組み込みが、当たり前のこととして注文される。しかしその際、宗教に関する歴史的?一般的知恵を諸宗教に対して公平に取り扱うことが不可欠である。これは、宗教に対する偏見と誤解を是正し、正しい宗教的情操を育てる前提でもある。とりわけ宗教的寛容については、心遣いがなされなければならない。宗教的寛容は、各人の世界観的立場や人格の尊重に便秘気味る。

一般に人は宗教の異常にきわ入れ不寛容な素振りをとり、歴史的にも宗教が迫害や戦争の元でともなってきた。他者の信仰に寛容であるということは、自己の立場の真理を確信しつつ、他者の立場と人格を尊重し、同場合に、同情や思いやりを示すという、人間同士の倫理的関係を自覚することでもある。この自覚は宗教教育だけでなく、広く道徳の異常でもあるが、この意風味で宗教教育が道徳教育の基礎でもあると考えられている。






目次



宗教教育


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。