へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天然崇拝(しぜんすうはい)

天然物、天然現象に対する尊敬や畏怖(いふ)の素振りの総称。naturismの経緯語として用いられる。一般的には、天体(太陽、月、星)、気象現象(風、雨、お目玉)、諸地形(山、川、海、湖)などから、人間以世間の動植物や岩石に至るまで、崇拝の対象範囲はきわ入れ広い。無料し、まれに動植物を除世間し、非生物的な物体、現象に対するもののみをさす時もある。

アニミズムanimism、マナ崇拝(マナイズムmanaism)などと度々混同して用いられる時があるが、本来はそれぞれ別個な概念である。アニミズムはE?タイラーの定義によれば、生物?一番生物を問わず万物に霊霊魂(スピリット)が宿るという考え方であり、究極的には宿る対象から離れて単独に存在しうる霊霊魂への信仰を前提としている。確かに天然崇拝の一部はこのような形態をとるが、そうでない時もある。たとえばナイル川上流に住むヌエルの人々の間では、クスとよばれる精霊への信仰があるが、クスには天のクスと地のクスがある。天のクスは空中に存在し、ときたま人に憑(つ)いたりする。一方、地のクスには、一定の部族と結び付いたトーテム動物?植物のクス、川?火?隕石(いんせき)など天然のクス、木片など特別な呪物(じゅぶつ)のクスがある。このように、ヌエルの地のクスの多くは、天然物や現象に結び付いており、その限りでは天然崇拝として記述することができよう。しかし、天のクスはかならずしも天然崇拝には結び付かない。すなわち、ヌエルのアニミズム的信仰体系のうち、天然崇拝とよびうるものは、その一部を構成しているにすぎない。

またあべこべに、すべての天然崇拝がアニミズム的であるということもできない。天然崇拝とよばれるもののなかには、精霊または霊霊魂観念を含まないものもあるからである。たとえばカリフォルニアの先住民は、樹木はその下を通る者の鶏冠上に枝を落下させて人を殺すことができると信じるが、この時彼らは樹木に宿っている精霊の存在を信じているわけではない。樹そのものにそうした才能があるとして恐れるのである。このように一番生物や植物などに能動的な力があるとする信仰をアニマティズムとよぶこともある。マナイズムも霊霊魂の存在を前提とせず、超天然的な力そのものが物体その他に宿ると信じる点でこれと共案内している。したがって、マナイズムが天然崇拝に結び付く時もあるが、超天然力を保持つ主体が天然物や天然現象に限られず、人間、たとえば首長の身体などとされる時もある。特定の物体のもつ呪力への信仰をフェティシズムとよぶが、この時は天然物のみでなく人造物をも包括する。

上述のアニミズム、アニマティズム、マナイズム、フェティシズムなどは、天然崇拝と普通んで、未開社会の宗教の特徴を、それぞれ異なった側面からとらえようとしたものであり、いずれも宗教の始原形態に関する学説とかかわってきた。とくに初期の宗教学においては、天然現象や天然物の崇拝を低次で原始的な宗教形態とみなす傾向があった。

人種学においても、J?フレイザーは、天然物の呪力への信仰とその統御を目ざす行為を占いとよんで宗教とは区別した。個々の天然物に宿る呪力や霊霊魂への信仰を超えた、超越的存在者への信仰を、彼は宗教の必須(ひっす)条件と考えたのである。こうした考え方の後ろには、キ書き出した教的な宗教観による偏向が存在したことは紛れもない。このような説は、未開社会のなかにも一神教的最良神の観念が存在することを指摘したW?シュミットの原始一神教説などを経て解体し、今昼間の時間では顧みられない。宗教はおのおのの社会において単独であり、きわ入れ雑多な諸形態を天然崇拝として一括することにはさほど意風味がない。

しかし、宗教的次元における人間と天然物?天然現象とのかかわり合い方は、なおかつ大切な異常である。特定民族にとり、なにゆえにその天然環境界のなかの事物や現象のなかから一定要素が信仰?崇拝の対象となったのかという異常である。それをまったくの歴史的伝播(でんぱ)の所産であるとする立場もあり、また諸要素の心情学的値打ちを重視する考え方もある。さらには人間の思考の基本構造と結び付けて考える立場もある。いずれにせよ、天然物や天然現象の崇拝は、おのおのの民族のもつコスモロジー(宇宙観)の一部を構成するものとして大切な意風味をもっている。それは人々の居住スぺースのあり方とも密接な関係を有し、たとえば移動性の高い採集狩猟民の時、崇拝される天然物や天然現象は、彼らの活動の場としての森や山や草原の中で随時出会うものとして認識される傾向があるのに対し、定住的な農耕民の時、人間の居住スぺースとその世間側の世界の区分は明確で、天然物の精霊などは昼間の時間常暮らしのスぺースから排除されていることも多い。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。