へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山岳信仰(さんがくしんこう)

山岳に宗教的意風味を与えて崇拝し、類々の儀礼を行うことをいう。古来、山岳は世界各地で精霊、神々、悪魔などの居所として畏敬(いけい)されてきた。さらに祖霊のすみか、天と地を結ぶ軸、宇宙そのものと信じられた。山岳は修行?祭り?啓示?託宣などがなされる敷地でもあった。こうしたことから山頂や麓(さんろく)などには、祭場?寺社?祠(ほこら)?墓などがつくられ、巡拝者が訪れることも多かった。

山岳信仰は世界の諸宗教にみることができる。未開社会では山岳は神霊のすみかとされ、雨乞(あまご)いや豊饒(ほうじょう)の祭りが行われた。古代宗教でも、山岳信仰は、ゼウスをはじめとする神神がいるとされたギリシアのオリンポス山の信仰、バビロニアで山を築いてエンリルを祀(まつ)る祭り、エジプトの死者の国への道としての山岳の信仰などにみることができる。また東洋では、中国の泰山(たいざん)?霍山(かくざん)?華山(かざん)?恒山(こうざん)?嵩山(すうざん)の五岳(ごがく)の信仰、道教の他界である崑崙(こんろん)山、仙人のすみかとされた蓬莱(ほうらい)?方丈(ほうじょう)?瀛洲(えいしゅう)の三神山の信仰、インドの聖入る山ヒマラヤ、チベットのカイラス山信仰などが広く知られている。ヒマラヤの信仰は仏教に摂取されて、須弥山(しゅみせん)中心の宇宙観を生み出した。須弥山は宇宙の中心をなす山岳で、高さ800由旬(ゆじゅん)、山頂には帝釈天(たいしゃくてん)、中腹には四天王が住み、昼間の時間月がその周りを回り、人間は九山八海を隔てた周りにある四つの島に住むとされたのである。わが国でも妙高(みょうこう)山、弥山(みせん)などの山名はこの須弥山を意風味している。山岳信仰は、ユダヤ教のモーセが十戒を授かったシナイ山信仰、キ書き出した教のイエスが磔(はりつけ)になったゴルゴタの丘の信仰、イスラム教の聖地メッカ目と鼻の先のアラファト山の信仰などのように、他の普遍宗教にも同意することができる。





富士山





目次



山岳信仰


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。