へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賛歌(さんか)

賛歌は神への語りかけの一形態である。現存する古代賛歌の多くは供物(くもつ)、供犠を伴った祭儀的バックをもつものと思われる。

自分たちの運命、苦楽が人間を卓越した神あるいは神々に依存すると考える古代の人間が、この卓越した存在に対して自宅庭や共同体において祭祀(さいし)を行い、賛辞を呈することはきわ入れ天然なことであった。しかし神をほめたたえるに至る状況はかならずしも一様ではない。

古代オリエントにおいては神の賛美が願い事のための前提であることが少なくない。これは古代インドのリグ?ベーダの時にもいえることである。神々に賛歌を捧(ささ)げるのは、神を喜ばせ、神の歓心を購入することにより昼間の時間常暮らし上の至福――自分たちを脅かす世間敵への勝利、豊作や降雨、自宅畜の増殖、坊主孫の隆盛、一番病息災、病気からの回復など――を得るためである。一方、神の恵みに対する感謝として神をたたえている時の多いのが、『旧約聖書』に含まれている賛歌である。神の人間に対する一般的な恩恵を描撮るるのか、自分たちに対するある特定の恵みを叙述するのかによって、「賛美の歌」と「感謝の歌」とに区別されるが、この両者は鉄則的に変わらず、ともに賛歌である。ここでは賛歌を口にする者の全存在が賛歌の対象である神に依存していることの表白であり、信仰告白でもある。おそらくこれと対照的な形式は、いわゆる「嘆きの歌」であるが、現実の窮状、見捨てられたことの悲嘆は、救済を追求する神への切入る訴えとなり、訴えかけている神の賛美と入ることもまた多い。この典型的な例として「詩篇(しへん)」第22篇をあげることができよう。

祈願、感謝、嘆きなど、前提と入る状況はさまざまではあるが、彼らが神に語りかけるときそれは祈りとなり、祈りの究極の形態として昇華したものが、神をほめたたえる賛歌となった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。