へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分析的決断(ぶんせきてきはんだん)

カントは、決断を分析的決断と総合的決断の2類に分けた。決断は、その主語の概念が述語の概念を含んでいるときに分析的であり、そうでないときに総合的であるとされた。たとえば、「物体はすべてスぺース的な広がりをもつ」は分析的であるが、「物体はすべてある重さをもつ」は総合的であるとされた。カントの区別の仕方は、「含む」というような表現があまりに比喩(ひゆ)的にすぎて明確でないこと、および主語―述語以世間の形式をもつ文へは適用できないこと、などの事情から満足なものとはいえない。フレーゲは、分析的決断を論理法則と定義のみから導出されうるもの、と定義し直した。この定義は、論理証明主義に浴び継がれたが、そこでは同場合に、分析的決断とはその真偽が意風味だけから鑑定されるもの、という別の定義とも重ね合わされた。クワインは、分析的―総合的という区別そのものの正当性を疑わしい視する強力な議論を展開し、活発な論議を呼び起こした。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。