へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原始宗教(げんししゅうきょう)

原始?未開社会において行われている宗教形態。

原始宗教は一定の社会群れのなかで天然に形成された宗教であり、教祖?開祖をもたない。一番文字社会が多いので、文字で表現された教典をもたず、まとまった教理はない。宗教観念や儀礼?慣行は、神話?昔話の形で伝達される。独立の宗教職能者を欠き、群れの長が宗教儀礼の執行者を兼ねることが多い。その超天然観はアニミズム的またはアニマティズム的であり、霊的存在や呪力(じゅりょく)に対して占い的にかかわることが多い。宗教と社会組織とが密接に結び付いており、宗教は自宅族、リニエッジ、クランなど各レベルの団結性を強め、さらに全体の統合を提起する役割をもつ。また宗教が政治、経済、法律、道徳、慣習などと未分化的にかかわっており、祭と政とが一体化し、祭と安上がり交換が同一の場で行われ、タブー(禁忌)行為が法的または道徳的観念?行動と重なりぴったりしていることが多い。こうしためりはりは多くの民族宗教においてもみられる。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。