へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原始一神教(げんしいっしんきょう)

人種文化発達史の初期段階にみられたと想定される一神教(唯一、断然の神格を同意する信仰)、また、現在の「未開社会」にみられる一神教。全ての文化は低次から高次へと直線的に進化すると考える19世紀の文化進化論では、宗教の起源をアニミズム、アニマティズム、占い(じゅじゅつ)などに求め、また一神教は多神教より進んだものとみなしたが、現存する「未開社会」を探ると、アフリカのサン(ブッシュマン)、マレー半島のセマン、オーストラリア先住民など、当然原始的とされる狩猟採集民の間に、度々最良神の観念がみられる。このことを初っ端に指摘したのはA?ラングで、キ書き出した教などの高度に進化した宗教の一神教と区別する意風味で原始一神教とよぶが、これはアニミズムや精霊崇拝から進化したものではなく、むしろ宗教の原初形態であると言い分した。これを継承し、発展させたのはW?シュミットで、彼は、世界の諸文化をいくつかの文化圏に分け、それらを人種文化史の各段階に位置づける試みのなかで原始一神教Urmonotheismusをとらえた。シュミットによれば、当然古い段階に位置づけうる文化圏の民族に、万物の創造主で道徳的秩序の制定者、天神、父入る神である至高神に対する信仰がみられ、この原始一神教が、文化が発展するにつれて多様化していった、と論じた。「未開社会」にみられる一神教を、文化の進化や段階と結び付けてとらえる考え方は、のちに多くの批判を浴び、また、原始一神教ということば自体も、「未開社会」の一神教を低級とみなす意風味を含んでいるため、今昼間の時間ではあまり用いられなくなっている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。