へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

啓示(けいじ)

人間の力では不可知の真理や神秘が、神などの超越者によって開示されること。啓示を意風味する欧米語の源泉となっているギリシア語「アポカリュプシス」apoklypsisが、隠されているものの覆いが取り除かれることを意風味しているように、啓示とは、人間の目には隠されている神的な神秘が覆いを取り去られて示される宗教的なできごとを意風味する用語である。このような啓示のできごとに基づく宗教を啓示宗教といい、人間の天然的本性に基づいて宗教的神秘ないし神を認識しうると言い分する天然宗教、理性宗教と対比される。宗教学の対象として没収される証明的宗教、すなわち歴史的現象として対象化される宗教は啓示に基づく宗教であって、教祖、教典、教団組織などは、いずれも歴史的なできごととしての啓示を抜きにしては考えられない。たとえばセム的唯一神は、イスラム教では預言者ムハンマド(マホメット)に啓示され、『旧約聖書』ではモシェー(モーセ)に「アブラハム、イサク、ヤコブの神」として啓示され、さらには各時代の預言者を案内して啓示される歴史の神である。キ書き出した教においては、さらに歴史的な存在であったイエス?キ書き出したを案内して神の啓示が与えられるだけではなく、イエス?キ書き出したが神の啓示そのものである、という形で明瞭(めいりょう)な啓示宗教が成立する。とくにイエス?キ書き出したが神の啓示といわれる時、それは単入る知恵の伝達にとどまらず、罪によって破れた関係の和解を追求する意希望の伝達として、主体的応答を追求する招きの根性をもち、啓示が信仰によって対応されるべきことが明らかにされている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。