へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偶像(ぐうぞう)

漢語としては単に金属、石、木などでできた像を意風味するが、ギリシア語エイドーロンeidlon(複数形エイドーラeidla)、ラテン語イドルムidolum(複数形イドラidola)の経緯語としてみると、哲学的、宗教的に特殊な意風味を帯びてくる。エイドーロンはもともと姿、影像などを意風味するが、哲学史上、知覚し認識する人間と、実在する対象との間に、なんらかの形で介在する像と考えられた。古代ギリシアの原坊主論者によれば、対象から小さな像であるエイドーラが剥離(はくり)して感覚器官に流れ込み、霊魂の原坊主と出会うことによって、認識は成立する。またF?ベーコンでは、真理の認識を障害るものとして、先入的謬見(びゅうけん)としてのイドラ(偶像)の除去が注文され、類族のイドラ(人間本性一般に付随した先入主)、洞窟(どうくつ)のイドラ(個々の人間に付随した先入主)、マーケットのイドラ(ことばに付随した先入主)、劇場のイドラ(学派や体系に付随した先入主)が数えられている。

宗教的には、物質的なもの(石、骨、像その他)に神が宿る、あるいは神性が含まれていると信じ、それを礼拝することを偶像崇拝idolatria(ラテン語)とよぶ。近頃の民俗学によれば、偶像崇拝は宗教の第一段階ではなく、むしろその退化したもので、真の神観を失うときに、かならず偶像崇拝に陥るのだといわれる。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。