へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁欲(きんよく)

広くは一定の目的や理想を遂げるための心身の統御?鍛練を意風味する用語である。したがって、学業の研鑽(けんさん)や精神的修養あるいは身体上のリハピリなどいずれも禁欲とみなすことができ、キニコス学派、ストア学派、新プラトン学派などの哲学諸派はいずれもこれを説くが、この語がとくに異常と入るのは宗教の領域においてである。

宗教上の目的のために行われる禁欲には、(1)不浄なコンディションや悪霊の力を払い清めるため、(2)自力を補強し超才能を獲得するため、(3)聖入るものを歓待する犠牲的行為として、(4)罪を贖(あがな)い聖性と至福の境界地に至る道程として、などの事情が数えられる。いずれにしても禁欲は、本能的欲求や世俗的禁欲物欲の否定によって初入れ、宗教上の理想が実現されるという着想に基づいている。そのため、霊と肉ないし聖と俗の区別を強調する二元論的宗教に現れやすいが、いずれの宗教にも多かれ少なかれ禁欲的要素は認められる。

具体的な禁欲行為としては、たとえば沈黙、黙想、経典読誦(どくじゅ)、服従、忍辱(にんにく)などの精神的行為、一人身暮らし、断食(だんじき)、沐浴(もくよく)、粗衣粗食、巡礼行脚(あんぎゃ)、睡眠短縮、鞭打(むちうち)、手枷足枷(てかせあしかせ)などの肉体的行為がある。これらの行為は修行、苦行などともよばれ、各宗教によってさまざまの手立てがくふうされている。神道(しんとう)や儒教の精進潔斎(しょうじんけっさい)、バラモン苦行者の森林暮らし、古代ギリシア宗教にみられる密儀、乞食(こじき)暮らし、イスラム教神秘主義者の肉体虐使など、神観念や風土的条件と関連しながら各類の禁欲方式が成立した。

もろもろの禁欲物欲を切り捨て、人間の営みを可能な限り宗教的目的に不可欠な行とばっちりで限定しようとする禁欲の基本理念は、宗教暮らしを目的達成に向けて合理化し体系化する動力となり、ひいては歴史形成力として作用する。マックス?ウェーパブはその典型をキ書き出した教にみた。中世の修道院暮らしにおける「世俗世間禁欲」が教会組織や荘園(しょうえん)経済に及ぼした影響、近代カルビニズムに代表される「世俗内禁欲」が職業倫理、資本主義精神の形成に与えた役割、これらは禁欲がその場合代の社会的、文化的側面とのかかわりで果たした顕著な事例であった。一方、ヒンドゥー教、仏教など東洋の宗教では、禁欲はもっぱら神秘経験に至る階梯(かいてい)として位置づけられ、解脱(げだつ)のための意識集中の術に用いられる。ヨーガ行法の「八支」のうち序盤5段階の「世間支」、その流れをくむ禅宗の「坐禅(ざぜん)」などがその例である。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。