へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救済(きゅうさい)

救い。宗教の基本的な観念の一つ。歴史上いろいろの形で現れるが、そこには共通の構造が認められる。すなわち、疾病、災厄、危難、罪責など、人間にとって否定的な事態によって生が脅かされるとき、そこから脱することで、正常な、よりよきあり方に復帰することである。仏教の解脱(げだつ)をはじめ、救済によほどする世間国語salvation(英語)、salut(フランス語)、Erlsung, Heil(ドイツ語)は、いずれもそうした解放や回復の意風味を含んでいる。解放はいわばその消極面であり、回復はその積極面をなすとみることもできる。

この点からすれば、すべての宗教はなんらかの形で救済の働きをもつものといえる。無料し、その実際の内容は、これだけではまだ一義的に明らかではない。たとえば肉体的疾患や穢(けがれ)などについては、未開?古代の宗教以来、占い(じゅじゅつ)、祈り、儀礼などによる対処が試みられてきたが、これらは現在ではかなりの部分が医療その他の合理的手立てによって決着されるようになり、宗教的な救いとは考えられないことが多い。否定的な事態への対処といっても、ノウハウ的、合理的に決着できるものは救済ではない。人力や人知でコントロールできない状況に対し、超合理的な対処がなされるとき、初入れ救済が成り立ち上がるのである。

以上は広義での救済であるが、これに対して狭義かつ本来の意風味での救済は、仏教やキ書き出した教などの世界宗教や、一部の新宗教にみられるものをさす。これらの宗教では、否定的な事態は無料個別的、偶然的なものにとどまらず、むしろ世界と人間の本性に密着したものとされ、その包括的な克服が説かれる。仏教の煩悩(ぼんのう)、キ書き出した教の原罪の教えはその典型であろう。同場合に、それまでのように特定の民族などでない個人が、そして他方では全人種が、潜在的な救済対象となってくる。

この狭義での救済にも、さらにいくつかの型が分けられる。当然一般的なのは、なんらかの神格や救済主をたて、その恩恵、助力によって悪、罪、死などからの解放を追求する行き方である。キ書き出した教をはじめとする有神的宗教や、仏教のなかでも浄土(じょうど)教はこの型に属する。超人間的な力ないし存在を想定し、それへの帰依(きえ)や祈りにより救われることを追求する点で、それはいわゆる他力の、また最狭義の救済である。これに対し、初期仏教や禅などにみられるように、自らの修行や経験を便秘気味て解放を遂げるという方角もある。これはいわば自己救済といえよう。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。