へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇形跡(きせき)

理性ではとらえられない超天然な現象やできごとをいう。英語のミラクルmiracleということばを1883年(明治16)の『哲学字彙(じい)』では霊恠(霊怪)(れいかい)、神形跡と経緯しており、1912年(明治45)の『英独仏和哲学字彙』になって初入れ、経緯語のなかに奇形跡入る語が登場する。つまり近代昼間の時間本になって初入れ成立した輸入の概念である。一般にキ書き出した教文化のなかでは、神の「みわざ」が通常の天然法則を一番視するなり、あるいはそれを乗り越えるとみえる超天然的なできごとをさすものとされている。しかし5世紀の聖アウグスティヌスは次のように言い分する。奇形跡は天然と矛盾するものではなく、われわれ人間が天然について知っている範囲の知恵とは矛盾するだけである。天然と奇形跡との間には釣り合いがとれている。つまり、奇形跡的なものは神の意希望によって起こるものであり、天然それ自体が神の意希望にほかならないのだからと。また13世紀の聖トマス?アクィナスやスコラ学者たちは、天然のなかにある二つの秩序を区別する。つまり、われわれ人間に知られている秩序と、神に知られている秩序である。その低いほうの秩序とは矛盾するが、より高い秩序すなわち神のみに知られている秩序とは矛盾せず、そのようなできごとこそまさしく奇形跡とよばれるのである。






目次



奇形跡


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。