へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化(ぶんか)

漢語としての「文化」は「文治教化」(刑罰や威力を用いないで導き教える)という意風味で古くから使われ、文化?文政(ぶんせい)という年号にも使われた。しかし、今昼間の時間広く使われている「文化」は、ラテン語cultura(耕作?育成を意風味する)に由来する英語culture、フランス語culture、ドイツ語Kulturの経緯語である。中国でもこの経緯語があべこべ輸入して用いられている。この経緯語は通俗的には、たとえば文化家、文化的な生活という表現のように、近代的、欧米風、便利さを示すことばとして広範に使われてきた。また、これとは別に、学問的な装いを凝らした用法が二つある。第一は、学問、芸手段、宗教、道徳のように、主として精神的活動から真っ直ぐ的に生み出されたものを文化という。そこには、少なくとも理念としては、人間の営みを充実向上させるうえで新しい値打ちを創り出すという意風味が含まれている。ひと口にいえば、知性や教養ともいえる。この用法は、多くの時文明と対比して使われ、物的な所産を文明とよぶドイツの思想を引き継いでいる。この用法は、次に述べる第二の用法よりも普及しているし、第二の用法においても、第一の用法の意風味が暗黙裏に下敷きとされている時が多い。第一の用法は並、個別文化の間に高低?優劣という評価を伴いがちであるが、第二の用法はこうした評価を下さない。すなわち、第二の用法は、全ての人間群れがそれぞれもっている生活様式を広く総称して文化とよび、個別文化はそれぞれ単独の値打ちをもっているから、個別文化の間には高低?優劣の差がつけられないとする。採集狩猟、定住食糧生産、都市居住者の商工業を営む人々の生活様式にはそれぞれ単独な値打ちがあり、その間に優劣はないとされる。この第二の用法はイギリス、アメリカなどの知識人種学の言い分であり、昼間の時間本にも第二次世界大戦後に急速に普及した。以下、第二の用法の「文化」を説明する。






目次



文化


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。