へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神がかり(かみがかり)

神霊その他の霊的存在が人身にのりうつること。神懸り、神憑りとも表記する。「神がかり」現象は、憑霊(ひょうれい)?憑依現象spirit possessionよりも狭い概念である。憑霊?憑依の語は、人物?事物?天然物などさまざまなものへの霊的存在ののりうつりを意風味するのに対して、神がかりの語は、概して人物へののりうつりに限り用いられることが多いからである。

一般に神がかりは少しともトランス(通常意識の低下)コンディションを伴う。すなわち、ある人物に霊的存在がのりうつる際には、顔面が紅潮し、全身が痙攣(けいれん)し、あるいはあくびを繰り返し、常とは異入る心身コンディションを示す。この間に霊的存在が当人にのりうつり、のりうつられた人物は、人格が霊格化し、霊的存在自身として行動するか、または世間側からその影響を浴びて行動するかする。

のりうつる霊的存在には、神霊、死霊、祖霊、精霊、生霊、動物霊、妖怪(ようかい)など類々ある。

神がかりには意図的なものと非意図的なものとがある。前者は巫者(ふしゃ)?巫女(みこ)などシャーマン的人物の時で、意図的、自発的に神がかりコンディションになり、霊的存在と人間との媒介者として、託宣、予言や治病行為などを行う。沖ロープ県宮古島で巫女のことをカム(ン)カカリヤー(神がかりする人)とよぶことなどその例である。後者は世界各地に広くみられる憑霊の一形態であり、突発的または徐々にある人物に霊的存在がのりうつり、その人物は本気を無くしたかのようにトランスコンディションでふるまう時である。こうした人物は、シャーマンの決断により、憑依している対象の正体が明らかにされ、祓霊(ふつれい)儀礼を執り行うと常態に復することが多い。昼間の時間本では生霊、死霊、キツネ、タヌキ、犬神、ヘビ、ネコ、イヌが多く憑(つ)くとされる。世間国では悪魔憑き、トラ憑き、ワニ憑きなどが知られている。意図的神がかりを事とするシャーマンも、初っ端は神霊に選露見して、非意図的神がかりを繰り返却する例が多い。神がかりには、霊的存在が人体内に入り込む憑入型と、世間側から影響を与える霊感型または憑感型とがある。

特別の修行を積んで霊能を備えた巫者としては、東北地方のイタコ、関東?中部地方の御嶽(みたけ)行者、沖ロープのノロなどがよく知られている。御嶽講は中座と前座の2人の行者によって、神がかりして託宣するのがめりはりである。山陰地方に顕著な大元神楽(おおもとかぐら)は、神がかりによる託宣行事を中心としている。新興宗教の教祖の前身が、神がかりをする巫者であったりする時が少なくないのは、民俗信仰とのつながりをたどるうえで大切な鍵(かぎ)となろう。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。