へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戒律(かいりつ)

戒の語源はサンスクリット語のシーラlaで、「病み付き、性質、行為」などを意風味するが、さらに「良い病み付き、道徳的行為」にも用いられるようになり、仏教用語としての戒の概念が成立した。戒は、仏陀(ぶっだ)の教えを実践し解脱(げだつ)の境界地を願う者が自己自身に対して課する倫理的徳目であり、道徳に近い語である。

戒と併用される律は同じサンスクリット語のビナヤvinayaに由来し、仏教では「修行僧の遵守すべき規則」の意風味である。戒が自発的な行為の目安であるのに対し、律は僧院暮らし者を拘束する法律に等しい。したがって語義のうえでは厳密には戒と律は区別されるが、戒(仏教者の心がまえ)によって律(僧院規律)が成り立ち上がるところから、「戒律」の語が使われるようになった。

ユダヤ教のトーラーtrh(律法)、イスラム教のシャリーアshar‘ah(律法)、あるいはカトリックの「修道戒律」、仏教?道教(どうきょう)の「清規(しんぎ)」など、戒?律に種するものは多くの宗教にみられ、一般にはこれらをすべて含入れ戒律と俗称している。






目次



戒律


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。