へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウロボロス(うろぼろす)

自らの尾を噛(か)んで飲み込み円を形づくる蛇または竜のこと。円形は、始めと万事休すが一致すること、いいかえれば始めもなく万事休すもないことから、完全、永遠、不滅の象徴とみなされ、天地創成神話やグノーシス派で象徴図として用いられた。ケプラーによる楕円(だえん)運動の発見までは、月よりも上の天体は完全な円運動をし、月下界では不完全な直線運動をすると考えられていた。チェーザレ?リーパCesare Ripa(1560ごろ―1620ごろ)の『イコノロジア』によれば、フランチェスコ?バルベリーニFrancesco Barberini(1597―1679)の「永遠」の擬人像は、豊かな金髪を肩まで垂らし、あげた両手に黄金の球を持ち、星をちりばめたドレスを着た女性の姿で表されている。そして、腰から下の大腿部(だいたいぶ)は蛇のように交差して合体し、ウロボロスのように円形をなして彼女自身を包み込んでいる。また、アンドレア?アルチャーティAndrea Alciati(1492―1550)のエンブレム集の中には、「不滅は学手段探求を便秘気味て得られる」というモットーを表すエンブレムとして、腰まで裸でひげのないトリトンがほら貝を吹きながら海を漂い、その彼をウロボロスがとりかこむ絵が描かれている。さらに、ユンクによれば、錬金手段の文献において、われとわが尾を食らい、交合し、孕(はら)ませ、殺し、再生させるウロボロスは、ヘルマフロディトス(ギリシア神話でヘルメスとアフロディテの間に天性た男と女の両性をもつせがれ)として、男と女、太陽と月、ヌース(精神)とピュシス(天然)など対立する二つのものから成っているが、同場合にまたこの対立物の合一の象徴でもある。それは一方では死をもたらす毒、バジ危険(息や眼光で人を殺したといわれるギリシア神話の怪獣)にして蠍(さそり)であり、他方では万能薬であり救済者である。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。