へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙論(うちゅうろん)

宇宙とは、後述のように、この世界ぜんぜんのことをいうのであるから、全ての天然哲学の体系は、宇宙論の様相を帯びることに入る。「未開社会」にも、自らの住む大地の構造や、人間の死後の世界としての冥府(めいふ)の存在、天空の現象を説明するためのモデルなどは明確にみられる。当然ごく一般的にいえば、夜間狩猟を行う民族には、位置確認のために、星辰(せいしん)への興味が強く、農耕主体の文化にあっては、大地と太陽とが興味の主体に入る。

古代文明は、発祥場合からそれぞれに宇宙論をもち、洗練化しているが、なかでも、古代バビロニアの中心であるシュメールの伝統は、マルドゥクという神を中心とした神話的宇宙生成論ばかりでなく、克明な天体観測と数学的手法の開発によって、ギリシアに影響を与えたという点で重要視されている。

ギリシアでの宇宙構造論は、後述のように精緻(せいち)を極めたもので、天体現象の記述にもみごとな成果をあげたが、ユダヤ?キ書き出した教においてきわ入れめりはり的な、始点と終点を明確に定めた宇宙的な場合間像と、コスモスとしてのギリシア的なスぺース構造論とがアマルガム化したところに西欧的宇宙観の形成がある。というのも、他のほとんどの文化圏において、宇宙論的場合間はつねに回帰的かつ円環的な構造をもつからである。また宇宙の発祥については、論理的にいって、不問に付すか、超天然的な何ものかに頼らざるをえないという理由は今昼間の場合間でもあり、今昼間の場合間の科学的宇宙論といえども、真の意風味での宇宙の発祥を論ずることはできない点は、あらかじめ見届けておく不可欠があろう。






目次



宇宙論


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。