へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレアニミズム(ぷれあにみずむ)

人物、事物、動植物、諸現象の作用や活動を、活力、威力、生命力、呪力(じゅりょく)、超天然力と感得する心意や素振りを意風味する。E?B?タイラーが唱えたアニミズムは、人物や事物その他に宿り、その宿り場を離脱できる霊霊魂や精霊の観念?信念を意風味し、タイラーはこれを宗教の起源とみなした。これに対してプレアニミズムは、霊霊魂や精霊のような観念的な実態が認知される従来に、人間がある人物や事物?現象に情意的に動作し、「生存している=力」ととらえた段階があったとする。

プレアニミズム説を唱えたのは、タイラーの弟坊主R?R?マレットである。彼は、人種が霊霊魂?精霊観念をもちうるに至ったのは、人知がよほどに発達したのちにおいてであると言い分する。たとえば、南アフリカのコーサ人Xhosaは、嵐がおこると丘に登り、嵐に向かって進路を変換するよう呼びかけるが、これは嵐に霊霊魂を認入れいるのではなく、嵐そのものを生き物として動作しているのだと、マレットはいう。彼は自説を補強するために、メラネシアやポリネシアの先住民が抱いているマナmanaの観念を引用している。マナは超天然力?呪力であり、神や人間、天然現象に含まれており、物から物へと転移する。戦士が敵を倒せるのは、槍(やり)に強力なマナがあるからだとされる。アニミズムが事物や現象に内在する霊的存在を強調したのに対し、プレアニミズムは力?作用の面に注目したものといえる。プレアニミズムが宗教の原初形態であるとか鉄則を示すという考え方は、今昼間の時間では否認されている。プレアニミズムはアニマティズム、マナイズム、ディナ手落ちムともよばれる。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。