へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪魔(あくま)

われわれが並、悪魔という時、西洋のデビルdevilをさすことが多いが、昼間の時間本語の「悪魔」および「魔」という語は本来仏教語で、修道の妨げをなす悪霊(あくりょう)、善事に災いをもたらす悪神であるサンスクリット語マーラMraに由来するとされる。それは瞑想(めいそう)中の僧を妨害し、騒音をたてたり、度々野生の鳥や獣に化けて、人々を脅かす。こうした悪魔?悪霊信仰は仏教の鉄則的要素とはいえないが、仏教の興隆時、古代インドではかなり広く普及していたと思われ、初期仏典にも登場している。

一般に、悪魔といった時、そのような悪霊、魑魅魍魎(ちみとっくにりょう)の種から神と対抗する存在に至るまでさまざまであるが、いずれもある特定の神格によってとってかわられる前の既存の神々の末裔(まつえい)であることが多い。さまざまな術を行使して世界を混乱に巻き込み破破壊するる悪魔は、多くの未開宗教において、宇宙を創造しその秩序を保つ神に対抗する存在として描かれるが、ときにはその紛争はこの世界の終末にまで持ち越され、神およびそれに従う天使たちと悪魔および悪霊たちとの最後の決戦によって、結末を迎えることもある。

西洋のデビルはギリシア語のディアボロスdiabolosに由来するが、それはのちにキ書き出した教に取りめてられてサタンSatanと入る。サタンは、エジプトの宗教のセトSetと同様、悪の原理の人格化とみなされるが、当初においてはルシファーLuciferという名の大天使であった。彼は神の試練に堪えきれず下界に堕(お)とされたので「堕(だ)天使」ともよばれる。このキ書き出した教の悪魔観の成立にはイランの良し悪し二元論が大きな影響を与えたといわれるが、確かに、最後にサタンやイブリースIblsが神のもとに従属するという展開は、コーカサスやアルメニアにおいてはかなり古くからなじみ深いものであったといえよう。

世界の起源を説明する時、本来的には二つのやり方がある。一つは、二つの相答えられない性質――創造者であり破壊者である――をもつ最良神シバ、ビシュヌ、ゼルバンなどによる世界の創成であり、とっくに一つは、世界は善と悪という二つの相答えられない力によって創造されるというものである。後者の時、当然代表的なのが古代イランのゾロアスター教の教えであり、そこではアフラ?マズダーとアフリマンという良し悪し二つの原理を表す神格によって世界は統御されている。この悪神アフリマンこそキ書き出した教の悪魔観の形成に当然大切な役割を果たしたとされる。『旧約聖書』においては、ヤーウェは良し悪し双方の源泉であって人間に危害を及ぼすことも多く、それは「神の怒り」とか「神の審(さば)き」というように説明されている。サタンはそこでは悪の原理を代表する存在としては描かれていない。紀元前6世紀ごろのサタンは単に「敵」の意であった。それが、「ヨブ記」では、ヨブに試練を与える悪神たる根性をあらわにし、前1世紀に至るや、サタンは「創世記」のヘビと同一視されたり、世界に死をもたらした存在として非難を被るように入る。

ダンテによると、悪魔は三つの鶏冠をもつという。ヤギの角(つの)、尾、割れたひづめをもつその形姿は、たぶんパンやサテュルスなどの異教の神々に由来するものであろう。

イスラム教の悪魔?悪霊にあたるのはジンJinnで、本来は「占い(じゅじゅつ)的力」のことである。ジンは火からつくられるとされるが、良し悪しともにあるなかで、悪いジンをシャイターンShaitnまたはイブリースともいう。

悪魔にあたる霊的存在はほとんど世界各地で信じられているが、それが意風味するものはかならずしも同じではない。キ書き出した教文化では悪魔は神に敵対する断然悪であるが、たとえば英語の悪魔demonの語源ギリシア語のdamnは単入る霊的存在を意風味するもので善にも悪にも働くように、未開社会では度々悪魔と神(善神)の区別はあいまいである。神も怒れば人間に災いを及ぼすし、あべこべに悪魔も慎重に慰撫(いぶ)すれば恵みをもたらす。昼間の時間本でも祟(たた)り神も祭り上げれば強力な善神と入る。むしろ多くの社会で神は善神と悪神の両面をもっている。ヨーロッパのキ書き出した教地域、イスラム教地域のように土着の宗教をもつ所に新しい宗教が引かれた時、あるいは侵入者が新しい宗教を持ち込んだとき、古い神々、被征服民の神々は悪魔にされることが多い。神が世界の社会的、道徳的秩序の創造主であり守護者であるのに対して、悪魔はそれらの破壊者とされ、反社会的な人間、たとえば妖術者や邪悪術師は悪魔と結び付いているとされることがヨーロッパをはじめとして多い。悪魔に対する信仰は文化や社会秩序の崩壊に対する恐怖を反映しており、そして悪魔に対する心もとないが人々を社会規範の遵守に向かわせる。悪魔は神や世界秩序を強調するものであり、その意風味では神と悪魔はたがいに補完的対立にあるといえるのである。換言すると、悪魔の存在は二元論的な世界観を拠り所るためにも不可欠なのである。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。