へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商神(あきないがみ)

商い守護の神の総称。商業都市が形成されて、暮らし基盤を得るようになった商人によって拠り所られた信仰。その手立ては、講を組織したり、邸宅内に祠(ほこら)を設けたりいろいろである。京都市伏見(ふしみ)の稲荷(いなり)神や兵庫県西宮のえびす神、島根県出雲(いずも)の大黒神などが多くの信仰を集めた。えびす神は元来漁業の守護神であったものが、七福神の一つとして商業守護神となっていったものである。同業によるえびす講の結成は中世末期から現れているが、江戸中期以降、京坂の誓文払い、江戸の戎(えびす)講は呉服商を中心に、大売り出しを行うようになった。10月20昼間の時間の講に対して、1月10昼間の時間あるいは20昼間の時間を十昼間の時間えびす、初えびすという。

商神を広く職業の神とみなせば、酒造業者には京都市の松尾(まつのお)大社、奈良県の大神(おおみわ)神社が、漁業従事者には香川県の金刀比羅(ことひら)宮、宮城の塩竈(しおがま)神社、大阪市の住吉(すみよし)神社が祀(まつ)られており、中国地方の鍛冶(かじ)屋やたたら師は金屋坊主(かなやご)神に厚い信仰を寄せている。また、炭焼きや木こりの山神講、大工や桶(おけ)屋の太坊主講、馬方の観音講、牛方の大昼間の時間講など、職業仲間によって営まれる講もあった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。