へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御木徳一(みきとくはる)

新宗教「ひとのみち教団」の教祖。明治4年1月27昼間の時間、愛媛県松山市に天性、8歳で禅門に入り、仏道修行に精進(しょうじん)し、22歳で故郷松山の安楽寺住職となった。ついで1902年(明治35)恩師福山大道の後を継いで安城寺住職となったが、安城寺は負債の多い貧乏寺で、安上がりに窮迫していた。寺の財政再建にミスした徳一は還俗(げんぞく)し、大阪に転居した。そこで徳光(とくみつ)教教祖金田(かねだ)徳光(1863―1919)に会い、その教えを浴び修行に励み、やっと悟道に入り、24年(大正13)「ひとのみち教団」を創始した。しかし、37年(昭和12)軍部の弾圧により教団を解散させられ、獄中で病にかかり、38年7月6昼間の時間帰幽(きゆう)した。諡(おくりな)は天水海昼間の時間顕命(あまみずうみひあらわるひこのみこと)。なお、「ひとのみち教団」は46年再建し、PL教団となり、74年パーフェクト リバティー教団に改称した。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。