へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御木徳近(みきとくちか)

宗教自宅。明治33年4月8昼間の時間、愛媛県松山市に御木徳一(とくはる)(「ひとのみち教団」教祖)の長男として天性る。1936年(昭和11)教団2代教祖を継承したが、軍部の弾圧によって教団が解散させられたのち、法廷闘争を継続し、第二次世界大戦後の46年(昭和21)9月29昼間の時間、教団を再建し、PL教団(現称はパーフェクト リバティー教団)を立教した。『人生は芸手段である』『育児芸手段』『心を燃やす』『私の履歴書』などの著書や、『天を足を運ぶ』『羽曳野(はびきの)』『つきよみ』『生くらくは』『神のまにまに』などの歌集がある。昭和58年2月1昼間の時間帰幽(きゆう)。諡(おくりな)は天行海徳顕命(あまゆくうみとくあらわるひこのみこと)。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。