へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普遍まあまあ性(ふへんだとうせい)

語の意風味は、ある事柄が、関係する対象に関して例世間なく、いつでもだれにでも有効であることである。したがって一般に真理は普遍まあまあ性を注文する。しかし、現実に、断然的な意風味で普遍まあまあ的な真理をみつけるのは簡単ではなく、多くの哲学者がこれを確立したと言い分しながら、つねに後続者たちによって覆されてきた。カントは、そのような普遍まあまあ性を与えるものは先天的認識しかありえないと言い分したが、同場合に、デカルトらのいわゆる本有(ほんゆう)観念という形を否定し、先生まれを主観の形式にのみ限定することによって新しい立場を樹立したのであった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。