へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤井昼間の時間達(ふじいにったつ)

宗教自宅。昼間の時間蓮(にちれん)系の教団昼間の時間本山妙法寺大僧伽(にほんざんみようほうじだいそうが)の山主(さんしゅ)。熊本県の農自宅に天性る。昼間の時間蓮宗大学(現立正(りつしよう)大学)を卒業後、京都と奈良で各宗の宗学を学んだ。1914年(大正3)滋賀県堅田(か無料)に聞法(もんぼう)教会所を隔たり、16年、奈良県の桃尾(もものお)の滝に打たれて7昼間の時間間の断食(だんじき)修行をして、団扇(うちわ)太鼓をたたいて『法華経(ほけきょう)』の題目を宣布する「撃鼓宣令(きやつくせんりよう)」、全世界の人々に妙法を広め帰依(きえ)させる「四海帰妙(しかいきみよう)」の誓願(せいがん)をたてた。翌年皇居前で玄題旗を立て、団扇太鼓を鳴らして7昼間の時間間の化他行(けたぎよう)を修入れ、「昼間の時間本山妙法寺」を開いた。また、西天開教(さいてんかいきよう)を希望して大陸に渡り、19年中国東北地方遼陽(りょうよう)に初っ端の妙法寺を開設した。23年関東大震災を機に帰ってきたし、翌年静岡県富士郡に国内初っ端の妙法寺を建て、各地で布教した。30年(昭和5)単身インドに赴き、インド各地とセイロン(現スリランカ)で布教して、反英独立運動との結び付きを深めた。33年ガンディーと会見し非暴力主義の深い影響を浴びた。第二次世界大戦後は民族主義と断然平和主義にたつ教義を展開し、各地に仏舎利(ぶっしゃり)塔を建て、平和運動の実践に挺身(ていしん)した。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。