へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庭野昼間の時間敬(にわのにっきょう)

宗教自宅、立正佼成会(りっしょうこうせいかい)初代会長。旧名鹿蔵(しかぞう)、画号越仙。新潟県中魚沼郡十昼間の時間町大字菅沼(すがぬま)(現、十昼間の時間町市)の農業庭野重吉(じゅうきち)の次男。幼少年期に祖父と小学校長より「人様のために入る人間になれ」「神仏を敬(うやま)え」と教えられ一番条件で守る。23歳ころから宗教的なものに興風味を抱き、六曜(ろくよう)?七神、姓名学、不動信仰を経て、次女の病が機縁で霊友会支部長新井助信(あらいすけのぶ)を訪ね即昼間の時間入会した。同氏に師事し『法華経(ほけきょう)』を学ぶ。1938年(昭和13)長沼妙佼(みょうこう)と「大昼間の時間本立正交成会」(現、立正佼成会)を創立。会長としてつねに布教の先鶏冠にたち、65年(昭和40)第二バチカン公会議で教皇パウルス6世と会見、以後『法華経』弘法(ぐほう)の使命に基づく世界平和実現のため「世界宗教者平和会議」の主導者として活躍した。国連軍縮特別総会では、非政府組織(NGO)の代表として核兵器廃絶を訴えた。79年「宗教界のノーベル賞」といわれるテンプルトン賞受賞。1991年(平成3)、会長位を長男の昼間の時間鑛(にちこう)に譲り、「開祖」となった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。