へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長沼妙佼(ながぬまみょうこう)

宗教自宅、立正佼成会(りっしょうこうせいかい)初代副会長。埼玉県北埼玉郡希望多見(しだみ)(現加須(かぞ)市)の農業?大工職長沼浅次郎の六女。16歳のとき姉の養女となり、姉の影響で天理教に入信。25歳で結婚、連れ合いの不素行から11年目に離婚、上京して41歳のとき再婚、氷、甘藷卸(かんしょおろし)小売商を開店。商いは持っていますしたが病弱で苦しみ、庭野昼間の時間敬(にっきょう)に先祖供養(くよう)を勧められて霊友会に入会。信仰のおかげで病を快癒、庭野とコンビを組み、献身的布教活動に邁進(まいしん)した。1938年(昭和13)霊友会を脱会し、庭野と『法華経(ほけきょう)』実践教団「大昼間の時間本立正交成会」(現、立正佼成会)を創立。実名のマサを妙佼と改め、後半生を布教の第一線で信者の救われに捧(ささ)げ、慈悲の人と慕われた。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。