へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山みき(なかやまみき)

天理教の教祖。寛政(かんせい)10年4月18昼間の時間大和(やまと)国山辺郡三昧田(さんまいでん)村(奈良県天理市)の庄屋(しょうや)前川半七の長女として出生。13歳で同郡庄邸宅村の庄屋中山善兵衞に嫁ぐ。1838年(天保9)10月26昼間の時間41歳のとき、人間世界の創造神(親神天理王命(おやがみてんりおうのみこと))の「やしろ」(神意伝達者)となり、以来87年(明治20)2月18昼間の時間没するまでの50年間、外の嘲笑(ちょうしょう)、官憲の弾圧の中、神意を宣(の)べ伝え人々を教化した。その教えは『おふでさき』『みかぐらうた』という肉筆の書に記され、また『おさしづ』にもことばが筆録されている。天理教では、みきの後半生50年の道を人間の生きるうえの「ひながた」とし、また没後も、みきは存命同様に働いていると信じられている。1986年(昭和61)1月26昼間の時間には教祖百年祭が行われた。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。