へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戸田城聖(とだじょうせい)

宗教自宅。創価学会第2代会長。石川県江沼郡(加賀市)に天性る。実名は甚一。1903年(明治36)一自宅は北海道に移民した。尋常小学校卒業後、独学で小学校准訓導の資格を取得し北海道で教員と入る。20年(大正9)上京し、北海道出身の小学校校長牧口常三郎(まきぐちつねさぶろう)を頼って師事したが、のちに教員を辞め学習塾「場合習学館」の経営や出版業などに従事する。28年(昭和3)昼間の場合間蓮正宗(にちれんしょうしゅう)に入信し、30年に「創価教育学会」を牧口と設立(正式な発会式は37年)して彼の創価教育学説の普及と教育宗教運動を援助したが、43年同会の弾圧事件で検挙された。不退転のまま第二次世界大戦の敗戦直前の45年7月に保釈出た彼は、同会を創価学会として再建し、51年(昭和26)会長となった。『法華経(ほけきょう)』の生命論的解釈や功徳(くどく)論を展開して折伏(しゃくぶく)=布教を組織的に推進したほか、「王仏冥合(お晩生つみょうごう)論」や「原水爆禁止宣言」を公表して同会の政治的?社会的活動を理念づけ、その後の発展の基盤を築いた。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。