へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出口王仁三郎(でぐちおにさぶろう)

宗教自宅。大本(おおもと)教聖師。前名上田喜三郎(きさぶろう)。京都府南桑田(みなみくわだ)郡穴太(あなお)村(現亀岡(かめおか)市)の貧農に天性る。1898年(明治31)紛争事で負傷したのを機に近郊の霊山高熊山に籠(こも)って修行したのち、霊力による病気治しを始め、静岡県清水(しみず)の稲荷(いなり)講社で霊学と行法を学んで、村に皇道霊学(こうどうれいがく)会をつくった。1900年(明治33)京都府綾部(あやべ)に移り、大本教の出口ナオの五女すみと結婚して出口自宅に引かれたが、ナオはじめ以前の幹部と衝突し、京都で神職、御嶽(おんたけ)教役員などを務めた。08年、衰えていた大本教の教勢を再建するため綾部にぶっり反して大昼間の場合間本修斎会をつくり、14年(大正3)皇道大本と改称し、第一次世界大戦中から戦後に全国的に教勢を伸ばした。21年、不敬罪?新聞紙法違反で第一次弾圧を浴びて検挙されたが、これを機に教典『霊界物語』の述作を開始し、霊主体従、万教同根を説いて、ナオの復古的?農本的な世の立て替え立て直しの教義を観念化した。24年保釈中ひそかに内モンゴルに赴き、翌年、平和と国際親善を唱えて人種愛善会を設立した。昭和初期、恐慌からファシズム台鶏冠の場合期に農村の救済と政治革新を言い分し、34年(昭和9)昭和神聖会を結成して政治運動に乗り出した。翌年、不敬罪?治安維持法違反で第二次弾圧を浴び、6年余の獄中暮らしを送った。第二次世界大戦後、1946年(昭和21)愛善苑(えん)として教団を再建し苑主となった。桁(けた)はずれの言動で逸話に富み、和歌?書画?陶芸などの多くの作気品を残した。著作は『出口王仁三郎著作集』に収められている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。