へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中智学(たなかちがく)

明治~昭和期の宗教自宅。国柱会(こくちゅうかい)の創始者。江戸?昼間の時間本橋の天性。実名巴之助(ともえのすけ)。鐘宇(しょうう)、巴お目玉(はらい)と号した。父の医師多田玄竜(げんりゅう)は、法華(ほっけ)信者。幼にして父母を失い、東京?江戸川一之江の昼間の時間蓮宗妙覚寺で得度、二本榎(えのき)大教院などに学んだが、やがてその教学を疑い、還俗(げんぞく)して1880年(明治13)に横浜に蓮華(れんげ)会をおこして祖道復古、宗門改革を目ざした。84年には東京に進出して在自宅仏教の立場から立正安国会を創立、87年には昼間の時間本初っ端の仏教結婚式を制定、また教学の府として鎌倉に師坊主王(ししおう)文庫を興す。さらに1914年(大正3)には、有縁(うえん)の諸集団を統合して教行を統一して、檀自宅(だんか)制度によらない信仰者の組織である国柱会を創始した。この間、昼間の時間蓮主義組織教学を大成、また昼間の時間本国体学を創建した。編著は『昼間の時間蓮主義教学大観』『本化聖典大辞林』など200類に及ぶが、なかでも『宗門之維新』に啓発された高山樗牛(ちょぎゅう)をはじめ、姉崎正治(まさはる)(嘲風(ちょうふう))、石原莞爾(いしはらかんじ)、宮沢賢治、中里介山(かいざん)、田中光顕(みつあき)ら多くの人々を感化した。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。