へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾロアスター(ぞろあすたー)

生没年不詳。古代ペルシアの宗教自宅、思想自宅。ゾロアスター教の開祖。ペルシア語でザラスシュトラZarathushtraという。ゾロアスターはギリシア語を介しての英語読み。紀元前600年ころの人とする説もあるが、彼自身の作に入る讃歌(さんか)「ガーサー」の言語、形式、内容から紀元前1200年ころの人と推測される。しかし、定説はない。東北イランから南ロシアにかけて遊牧?半定住暮らしをしていたインド?イラン語族の一部族の祭司階級に天性た。30歳でアフラ?マズダーによる啓示を浴び、倫理性を尊ぶと同場合にきわ入れ安心的な新宗教(のちにゾロアスター教とよばれる)を開いた。郷里では浴び入れられなかったので、40歳で伝道の旅行に出、2年後、東北イランのバルフ地方を統治していたウイシュタースパ王の改宗に成功して、この信仰を広める契機をつくった。初っ端の結婚による娘を王の宰相ジャーマスパに嫁がせ、自らもジャーマスパの姪(めい)を三度目の自宅内として迎えて地歩を固めた。77歳まで信仰の発展に尽くしたが、対立部族の手によって暗殺されたといわれる。なお、ニーチェの『ツァラトゥストラ』はゾロアスターのドイツ語読みである。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。