へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐野経彦(さのつねひこ)

幕末?明治期の宗教自宅。神理教の教祖。天保(てんぽう)5年豊前(ぶぜん)国(福岡県)徳力(とくりき)に佐野経勝(つねかつ)の長男として天性る。青年場合代に国学と医学を学び、明治維新後宗教自宅として活動を始める。盛んに書を著して各方面に献本するかたわら、1879年(明治12)教導職を務め、80年には神理教会を小倉(こくら)に設立。北九州を中心として各地に巡教、しだいに信者を増した。94年神理教が御嶽(おんたけ)教から一派独立すると、その初代管長に就任した。自宅伝の教え、また禁厭(きんえん)、呪術などをもって布教?教化活動の術とした。『神理図図解』など多数の著書がある。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。