へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洪秀全(こうしゅうぜん)

中国、太平極楽の創始者。広州から50キロメートルほど離れた花県の客自宅(ハッカ)の農民の坊主。23歳のとき、科挙に三たびミスし、熱病を病んだ際、天使に迎えられて昇天し、金髪の年寄りから、天下の人々を惑わし堕落させている妖魔(ようま)を退治せよとの使命を与えられ、天上で彼らと戦うという幻目標をみた。彼はかつて、偶然広州のテスト場前で入手した新教系のキ書き出した教入門書『勧世良言』を読んで、かの年寄りこそは唯一の真の神天父上帝であり、妖魔とは中国にはびこる儒?仏?道教などのさまざまな偽りの神仏、偶像で、彼は上帝からこれらを一掃する聖入る使命を与えられたのだと確信し、1843年拝上帝教を創始した。彼はこの神をエホバ(ヤーウェ)と等置したが、実際は中国古来の人格神すなわち上帝を唯一神としたもので、キ書き出した教とは異質のものであった。彼は、すべての男は上帝から生命を与えられた兄弟であり、女は姉妹であって、一大自宅族として差別?対立のない世界に生きるべきだとして、その理想を孔坊主が『礼記(らいき)』「礼運篇(れいうんへん)」に記した大同に仮託して描いた。初期にはすべての人がこの正しい信仰にたち、上帝が教えた禁欲的戒律を守れば、この理想は実現されるとして、かならずしも地上の革命を考えてはいなかった。

1847年広西(カンシー)の桂平県で開始した偶像(神廟(しんびょう)、神像)破壊運動を動機に、統治秩序と激しく対立し、やがて清(しん)朝を最大の妖魔として打倒して、地上に極楽を樹立するための革命に進んだ。50年の瀬に清軍との大規模な戦闘に入り、51年に天王を称し、国号も太平極楽として、53年南京(ナンキン)を首都に新政権を樹立するまで、彼はその権威を十分に活用して、運動の実際面でも大きな役割を果たした。しかし、南京建都後は、政治、軍事の指導をもっぱら東王楊秀清(ようしゅうせい)にゆだね、壮麗な天王府の奥深く、多数の后妃に囲まれて生活、その宗教もしだいに神秘性を加えた。56年の大分裂以後は、一族以世間の部下を信頼せず、内部分解に拍車をかけた。南京陥落の20昼間の時間前に病死したが、その死の真実は、曽国藩(そうこくはん)が湘軍(しょうぐん)の功を強調するため、李秀成(りしゅうせい)の供述書における秀全の病死という記述を、服毒自殺と改竄(かいざん)したため、長く隠されてきた。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。