へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊藤六郎兵衛(いとうろくろべえ)

幕末?明治初期の宗教自宅。丸山(まるやま)教の教祖。文政(ぶんせい)12年7月15昼間の場合間、武蔵(むさし)国橘樹(たちばな)郡登戸(のぼりと)村(神奈川県川崎市)に天性る。幼名は清宮米吉(きよみやよねきち)。伊藤自宅の婿養坊主となり六蔵、ついで六郎兵衛を名のる。1870年(明治3)に初入れ神の声を聞いてから断食(だんじき)などの行を重ね、やがて病気治しなどにより「生き神行者」の評判を高め、信者を集めた。しかし彼は教導職でなかったため宗教活動に弾圧を加えられ、当場合、各地の富士講を一つに組織しようとしていた宍野半(ししのなかば)の勧誘により、75年に富士一山講社(後の扶桑(ふそう)教)に所属して布教活動を行った。この後、教導職の資格を得る。宍野の死後、85年に扶桑教を離脱し、神道本局に所属する丸山教会本院(後に丸山教)として布教を行った。彼の教えはあまり体系だっていないが、全体として世直し的根性が強い。その教えは『御調(おしらべ)』にまとめられた。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。