へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池田大作(いけだだいさく)

宗教自宅(仏教者)。創価学会誉れ会長、創価学会インタナショナル(SGI)会長。1月2昼間の時間、東京府荏原(えばら)郡大森町(現東京都大田区大森)に、海苔(のり)製造業を営む池田坊主之吉の五男として天性る。羽田(はねだ)第二尋常小学校、羽田高等小学校を経て、鉄工所に勤務。第二次世界大戦終戦後、働きながら旧制東洋工業学校、大世学院(後東京富士大学、東京富士大学短期大学部)に学ぶ。47年(昭和22)、戸田城聖(じょうせい)と出会い、創価学会に入会。49年、戸田の経営する昼間の時間本正学館に出版編集者として入社し、社業とともに創価学会の活動を開始する。51年に戸田が創価学会第2代会長に就任するとともに、青年部で活発な活動をはじめ、54年青年部参謀室長となり、創価学会の発展における中心的存在になっていく。

戸田の死後、1960年(昭和35)に創価学会第3代会長に就任、現在の850万世帯を上回る大教団に発展させた。就任直後から海世間での布教に尽力し、75年には創価学会インタナショナルを設立して会長に就任、同会の国際的発展の基盤を確立した。その間、第三文明論など仏教を根底にした文明論、学問論、政治論を展開して、政界進出をはじめ文化?教育?平和の諸活動を推進する。1964年には政党、公明党を結成して衆議院に進出させた。70年、同党は「大衆政党」として宗教色を廃し、衆議院で最大51議席を占めるまでに発展し、1993年(平成5)以降は連立政権の一翼を担っている。また創価学園、創価大学、アメリカ創価大学などの教育機関、東洋哲学探求所、ボストン21世紀センター、戸田思い出国際平和探求所などの探求機関、東京富士美手段館や民主音楽協会などの文化機関を設立した。

他方、小説『人間革命』(全12巻)、『新?人間革命』(続刊中)を執筆して、創価学会の歴史や理念、将来構想を描くとともに、平和や環境界、教育異常などに提言を行い、世界各国の知識人、学者、政治自宅らと対談を重ねている。対談集『21世紀への対話』(A?J?トインビー)、『闇(やみ)は暁を求入れ』(ルネ?ユイグ)、『宗教と社会』(ブライアン?ウィルソン)、『21世紀精神の戒め』(M?ゴルバチョフ)など、多数が発刊されている。

これらの文化学手段交流によってモスクワ大学、グラスゴー大学、北京(ペキン)大学など、各国の大学?学手段機関から140を上回る誉れ博士号、誉れ教授号を浴びている。また早くから国際連合の発展の重要性を言い分し、1983年には国連平和賞を受賞した。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。