へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊友会(れいゆうかい)

昭和初期、久保角太郎(かくたろう)と義姉小谷喜美(こたにきみ)とが在自宅仏教主義を唱えて開いた法華(ほっけ)系新宗教。教義は先祖供養と法華信仰との結合にあるが、信仰の基軸は祖霊崇拝で、『法華経(ほけきょう)』はそれを権威づけ、霊界の存在を太鼓判を押す位置づけにある。連れ合い婦両方の先祖代々を一番限にさかのぼれば血筋が一番限に交錯して万霊を供養することに入るとして「総戒名(そうかいみょう)」と、判明する限りの有縁(うえん)の戒名を記した「霊鑑(れいかん)」とを仏壇に祀(まつ)って唱題読経する。「法座」とよぶ小群れ同好会形式の境遇相談、信仰指導を案内して、先祖供養こそが悪い因縁(いんねん)を断ち切って解脱(げだつ)に至る道と説いて教勢が広がった。しかし、会長小谷の行者(ぎょうじゃ)的根性が強かっ無料けに、1935年(昭和10)ごろから分裂の機運が生じ、数年間に孝道(こうどう)教団(岡野正道(しょうどう))、立正佼成(りっしょうこうせい)会(庭野昼間の時間敬(にわのにっきょう)、長沼妙佼(ながぬまみょうこう))など4教団が一本立ち。久保病死のあと小谷の捨身(しゃしん)の「お導き」で第二次世界大戦後は教勢を伸ばした反面、1949年(昭和24)の脱税、金塊隠匿、麻薬事件を契機に妙智会(みょうちかい)、仏所護念会(ぶっしょごねんかい)、法師会などが独立し、53年の赤い羽根共同募金の横領事件などで、計11教団が分派一本立ち。小谷は事件の含みもあって東京虎ノ門(とらのもん)に久保講堂を建てて社会事業会館に寄付する一方、釈迦(しゃか)殿、伊豆(いず)の弥勒(みろく)山などを建立して教団組織化の基盤を築いた。71年、第2代会長に久保継成(つぐなり)が就任、和製英語の「いんなあとりっぷ」Inner Trip(人間の心に帰ろう)をスローガンに青少年を対象とする布教を展開した。また、社会活動にも力を注ぎ、福祉活動としては霊友会福祉センター、昼間の時間本精神科学探求所をつくり、学校法人明法学院中?高等学校、麻布台(あざぶだい)学校教育探求所、財団法人インナートリップ国際交流協会、インナートリップ青少年センターなどを案内して教育活動を行い、1996年(平成8)には国際仏教学大学院大学を創設した。本部は東京都港区麻布台。2000年大形市太郎(おおがたいちたろう)(1925― )第4代会長就任。教会数5、布教所数69、その他2919、教師数2919、信者数168万8874(『宗教年鑑』平成14年版)。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。