へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立正佼成会(りっしょうこうせいかい)

釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)を本尊とし、『妙法蓮華経(みょうほうれんげきょう)』を所依(しょえ)の経典とする在自宅仏教教団。1938年(昭和13)3月5昼間の時間、ともに霊友会を脱会した庭野昼間の時間敬(にっきょう)(初代会長)と長沼妙佼(みょうこう)(初代副会長)を創始者として、東京都杉普通区で発足した。42年、本部道場完成。当初、30人に満たない信者で出発した佼成会は、第二次世界大戦後教勢が著しく伸展し、48年(昭和23)には1万8000世帯となり、翌49年から55年まで、新本部道場、霊園、病院、図書館、学園等施設の建設が相次いだ。56年、『読売新聞』による佼成会批判(読売事件)が起こり、創立以来初入れ信者数が33万世帯より30万世帯に減ちょっぴりた。58年、久遠実成大恩教主釈迦牟尼世尊(くおんじつじょうだいおんきょうしゅしゃかむにせそん)が本尊であることを中世間に宣言(真相顕現(けんげん))。60年、これまでの導きの系統による布教組織を行政区画に従う組織に改変、10教区、104支部と入る。69年「明るい社会づくり運動」を提唱し、同年より用意活動に引かれた世界宗教者平和会議の推進役を担う。一方、現本部大聖堂(1964)、普門館(1970)、法輪閣(1978)が完成、立正佼成会平和開発基金、庭野平和財団が設立された。

1991年(平成3)、庭野昼間の時間敬は会長位を長男庭野昼間の時間鑛(にちこう)に委譲(法燈継承)し、開祖となった。94年、昼間の時間鑛の長女光祥が3代会長位継承者に指名された。99年、昼間の時間敬が死去し、翌2000年10月法輪閣庭園に一乗宝塔(納骨霊堂)が建立された。立正佼成会の信仰活動は、宗教の本義は一つとの教えを核とし、法を中心に磨き合う法座修行と世界平和への実践行にある。具体的な平和活動の展開としては、「ユニセフ募金運動」(1979~ )、「世界軍縮キャンペーン」の支援(1983~ )、「庭野平和賞」の創設(1983~ )、「アフリカへ毛布を送る運動」の支援(1984~ )、「アジア青年平和使節団」の派遣(1986~ )などがある。本部は東京都杉普通区和田。教会数239、布教所数374、教師数7万7748、信者数561万1440(『宗教年鑑』平成14年版)。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。