へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸山教(まるやまきょう)

神道(しんとう)教団の一つ。伊藤六郎兵衛(ろくろべえ)を教祖とする。明治初期に修行によって神秘的力を得たとされる六郎兵衛を中心として講が結成されたのが始まり。浅間(せんげん)神社宮司宍野半(ししのなかば)の勧めで1874年(明治7)富士一山講社に加入。ついで82年に神道扶桑(ふそう)派が一派独立、扶桑教と入ると、その傘下教会と入る。85年には扶桑教を離脱し、神道本局の所属となり、丸山教本院と称して布教、第二次世界大戦後丸山教として一本立ち。山岳信仰が基盤であるが、世直し思想も加わり、関東を中心に急激に信者を増やした。しかし、94年に六郎兵衛が死去すると、教勢はしだいに弱くなった。現在はごく小さな教団となっている。本部は川崎市多摩区登戸(のぼりと)。教会数75、その他28、教師数564、信者数1万0914(『宗教年鑑』平成14年版)。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。