へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボン教(ぼんきょう)

仏教導入従来にチベットで行われていた宗教。今昼間の時間のボン教は9世紀後半以後仏教に同化したもので、古派の教義の影響が濃い。元来は西部チベットのシャンシュン地方に拠(よ)ったムdMu部族の宗教であって、生命神のラblaを祀(まつ)って招福攘災(じょうさい)を旨とした。これをドゥルボンrdol bon(粗いボン)とよぶ。ム部族とチベットをのちに統治するピャーPhyva (=トンsTong)部族と通婚したのち、死後の祭りを行うシェンgshenの宗教と混淆(こんこう)してシェンラプ?ミボgShen rab mibo(優れたシェンの大人)を開祖とするキャルボン khyar bon(雑のボン)が生じた。死後、ヤギ、ヤク、ウマなどが七つの谷を越える案内や供をするとして、それらを犠牲にして永遠の父祖の国にたどり届くことを願った。仏教と接触して古代王国の崩壊した9世紀なかば以後急速にその教義を取りめてながら仏教と対立する様相を示し、イラン起源説をとり、左繞(さじょう)礼拝などを行ってギュルボンbsgyur bon(変易ボン)をつくっていった。今昼間の時間も教団を組織して活動している。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。