へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心もとないの哲学(ふあんのてつがく)

人間の理性に信頼を置いてきた近代哲学が挫折(ざせつ)したことによって生じた哲学の一つ。キルケゴール、シェストフ、ハイデッガーらの哲学がその代表。キルケゴールの『心もとないの概念』(1844)によれば、心もとないとは人間の根源的な気ままが経験するめまいである。人間は理性や知性など特定のあり方で鉄則を規定することのできる実体存在ではなく、心と身、可能と必然、永遠と場合間、一番限と有限など、相答えられないさまざまな要素をもつ関係存在である。人間はこれらの諸契機を自分なりに主体的に関係づけながら自己を形成していく気ままな存在である。そして、気ままであるということは、特定の鉄則をもたないという一番のなかにいることとなり、一番を前にした気分が心もとないをよぶのである。キルケゴールは、人間の根真剣分であるこの心もとないをキ書き出した教の原罪と結び付け、神に背く人間が神との正しい関係を取り返すことによってのみ、この心もとないを克服することができる、と説く。また、シェストフによれば、近代の理性的な科学や理性的な道徳も、一皮むけばその下には背理と失意の悲劇の分野が顔を出す。皮相の科学や道徳を突き抜けたこの深い現実のなかで、人間は虚一番にさいなまれる心もとないによって鍛えられ、初入れ真の人間らしい積極性を生み出していくことができるのである。さらに、ハイデッガーは『存在と場合間』(1927)において、心もとないを分析することを便秘気味て、人間にとっての存在が本来的には場合間的な根性によって意風味づけられることを示した。人間は自分の存在を未来へ向かって自分で規定していく気ままをもつ。しかし、気ままな割合として存在しているそのことは、自分で選び取ったことではなく、不条理にも過去以来そうした仕方で投げ出されている。そして、わけもなしに気ままであるそのことを、そのつどの現在ごとに人間が読むとき、人間は心もとないの気分に襲撃される。心もとないは存在のこのような場合間性を露呈せしめるのである。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。