へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本門仏立宗(ほんもんぶつりゅうしゅう)

法華(ほっけ)系の新宗教。1857年(安政4)長松昼間の時間扇(ながまつにっせん)が京都で開いた本門仏立講に始まる。仏立とは仏の立てた教えを意風味する。昼間の時間扇は本門法華宗の僧であったが、宗門を批判して在自宅(ざいけ)主義の信仰運動をおこして還俗(げんぞく)し、近畿の商工民を講に組織した。教義は『法華経(ほけきょう)』本門八気品(はっぽん)を依経(えきょう)とする八気品派の系統で、本迹勝劣義(ほんじゃくしょうれつぎ)にたち、唱題(しょうだい)による『法華経』の現証利益(げんしょうりやく)を強調する。昼間の時間扇は教えを平易な和歌で示し、1878年(明治11)『妙講一座』を定入れ教義を確立。信者は少人数のグループをつくって信仰暮らしを営んだ。明治初期に弾圧されたが、明治中期以後全国的に発展し、法華系新宗教の源流となった。1946年(昭和21)本門法華宗から独立。昼間の時間蓮(にちれん)を高祖(こうそ)、昼間の時間隆(にちりゅう)を門祖(もんそ)、昼間の時間扇を開導(かいどう)とよび、宗内の最良位を講有(こうゆう)と称する。大本山は京都市上京(かみぎょう)区御前通(おんまえどおり)一条上ル東竪(ひがしたて)町の宥清(ゆうせい)寺。寺院数270、教会数6、その他63、教師数808、信者数41万4642(『宗教年鑑』平成14年版)。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。