へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

扶桑教(ふそうきょう)

神道(しんとう)教団の一つ。第二次世界大戦前の神道十三派(教派神道)の一つ。長谷川角行(はせがわかくぎょう)を開祖とする。富士信仰を中心とする山岳信仰を基盤として、明治維新後に組織化されたもの。薩摩(さつま)(鹿児島県)生まれの宍野半(ししのなかば)が1873年(明治6)に結成した富士一山講社が、75年に神道事務局所属の扶桑教会、ついで82年に扶桑教として一派独立。当初は丸山(まるやま)教を傘下教会に有していたため大きな教団であったが、85年丸山教の脱退後、勢力はかなり縮小した。1884年に宍野半が没したのち、宍野健丸(たけまる)、健弌(たけいち)、健之(たけゆき)と、管長職は世襲されてきたが、1988年に杉山一太郎が5世管長に就任した。実際には富士信仰とかかわりのない教会も含まれており、教団としての統一性は少ない。本部は東京都世田谷(せたがや)区松原。教会数97、布教所数44、教師数749、信者数4万6000(『宗教年鑑』平成14年版)。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。