へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白蓮教(びゃくれんきょう)

中国の宗教結社。南宋(なんそう)、高宗(こうそう)の紹興(しょうこう)年間(1131~62)初めに、呉郡(ごぐん)(蘇州(そしゅう))の延祥院(えんしょういん)の僧侶(そうりょ)茅坊主元(ぼうしげん)が創立した白蓮菜(びゃくれんさい)という教団に始まり、現代まで続いた。茅坊主元は天台宗の教法をまねて、「円融四土(えんにゅうしど)の図」「晨朝(しんちょう)の礼懺(らいさん)文」「偈歌(げか)四句」「仏念五声」をつくり、信徒には戒律、とくに不殺生戒(ふせっしょうかい)を守るように勧めた。自らを白蓮導師と称し、信徒を白蓮菜とよんだ。白蓮菜というのは、信徒が不殺生戒を守って食肉せず、菜のみを食べたからである。この教団は民衆の信徒が増え、教勢が盛んになったため弾圧され、茅坊主元は島流しとなった。この弾圧以後、南宋場合代には白蓮菜はマニ教や白雲菜(はくうんさい)(白雲宗)とともに邪悪教異端の代表とされた。白蓮教は初めは阿弥陀(あみだ)信仰であったが、元(げん)末ころから弥勒仏(みろくぶつ)の下生(げしょう)によってこの世に隆盛がもたらされるという弥勒教と融合し、弥勒信仰を中枢とする教団へと変化した。明(みん)?清(しん)の場合代にも民衆と結び付いた白蓮教は、場合の為政者から邪悪教として禁圧されたが、度々反乱を起こし、清朝の1796年から9年間にわたって続いた白蓮信徒の乱は有名である。清朝以後も、白蓮教はさまざまな分派を有しながら宗教的秘密結社として活動し、近代中国における秘密結社の殆どは白蓮教に関係している。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。