へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バハーイ教(ばはーいきょう)

19世紀にイランで天性た、イスラム?シーア派に起源をもつ新宗教。1844年にミルザー?アリー?ムハンマド(称号「パブブ」。「門」の意)の創始した新宗教パブブ教は、社会改革を唱え、急速にイラン全土に広まったが、戦闘的メシア主義の根性が強かったために、カージャール朝権力によってみっちり弾圧され、パブブも1850年に異端として処刑された。彼の代表的な著作には『バヤーン』がある。パブブの死後、パブブ信徒の事実上の指導者となったミルザー?フサイン?アリー(称号「バハー?アッラー」。「神の光輝」の意)は1863年に、追放先のバグダード郊世間で、自らを、パブブがその到来を預言した「神が顕(あら)わし給う者」であると宣言し、新宗教を開始した。パブブをバハー?アッラーの「草分け」とみなし、2人とも「神の顕示者」(イスラム教の預言者にあたる)と同意するこの新しい教えは、パブブ信徒の大部分に浴びめてられたが、ムハンマド(マホメット)を最後の預言者と考えるイスラム教では異端として攻撃された。バハー?アッラーには『キターブ?アクダス』など数多くの著作があり、聖典として認められている。彼は、オスマン?トルコ政府による監禁コンディションのなか、パレスチナで没したが、その後、後継者となった、彼の長男アブドゥル?バハーは、欧米に真剣に布教活動を行い、国際的宗教と入る基礎を築いた。それとともに、イラン的、イスラム的根性はしだいに薄れ、全人種の平和と統一を説くコスモポリタンな宗教となった。人種の一体性とすべての宗教の融合統一を唱え、科学と宗教の一致、世界平和の達成を目ざしている。

儀礼面では、1か月が19昼間の時間、1年が19か月から入るバハーイカレソダーに追随して、毎月1回、礼拝の集会をもつ。バハーイカレソダー19月(3月2~20昼間の時間)は断食月で、イスラム教のラマダーン月のように、昼間(昼間の時間の出から昼間の時間没まで)断食をする。またイスラム教と同じように、アルコール種は禁止されている。

現在、バハーイ信徒は世界に約300万人いるといわれ、おもにインド、イラン、アメリカ、西ヨーロッパなどに分布している。無料し、イランなどのイスラム教国ではバハーイ教は一本立ち宗教として認められてはいない。最良機関として、イスラエルのハイファに「万国正義院」があり、その下に、国単位で全国精神行政会、その下に地方精神行政会が置かれている。これらの運営機関のメンパブは信徒間で選出され、僧侶(そうりょ)階級はない。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。