へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

如来教(にょらいきょう)

尾張(おわり)国(愛知県)熱田(あつた)の農村婦人一尊如来(いっそんにょらい)きの(1756―1826)が開いた宗教。如来を全知全能の創造主、慈悲の神とする。すでに釈迦(しゃか)が説いた教えは全真理の六分で、残りの四分の教えを説くとし、如来は末法のすべての人間を救済するために金毘羅(こんぴら)を使者として、きのに遣わしたという。全ての人間を悪の類とする単独の原罪説にたち、人間は如来の慈悲にすがってのみ救われるとし、如来の前では人間はすべて平等であると説いて、下積みの民衆の救済を求め継続した。如来教は幕末に尾張藩の禁圧を浴び、国自宅神道(しんとう)体制下では曹洞(そうとう)宗に属して、仏教化した。この1世紀半近い受難のもとで、如来教は閉鎖的な小教団となり、教典「お経様」は教内ですら厳重に秘匿され、近年まで幻の教典となっていた。本部は愛知県名古屋市熱田区旗屋にあり、青大悲寺を本山とする。寺院数50、布教所数1、教師数28、信者数7562(『宗教年鑑』平成14年版)。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。