へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天理教(てんりきょう)

1838年(天保9)から87年(明治20)にかけて大和(やまと)国(奈良県)の農自宅の主婦であった中山みきの説いた人種創造神(「親神(おやがみ)」「天理王命(おうのみこと)」と呼称)の教えに基づいて成立した宗教。教祖中山みきは38年10月26昼間の時間天啓により「神のやしろ」(神意伝達者)となり、以来50年間、嘲笑(ちょうしょう)や迫害のなかで神意を説き継続した。みきの教えによれば、親神は人間の「朗らかぐらし」を楽しみに人間世界を創造したが、人間は心の気ままのままに神意に背き、自らに苦悩を招いてきた。その人間を救(たす)け上げるために親神が現れ、人間創造の「元(もと)の理」を明かし、その「元」へ帰るための「かぐらづとめ」を教え、身上(みじょう)(病苦)救けのための「さづけの理」を渡し、世界を「朗らかぐらし」の世に立て替える段取りを進めるという。みきの没後は高弟飯降伊蔵(いぶりいぞう)が1907年(明治40)まで神言を伝言する。その間に、1888年4月神道(しんとう)直轄天理教会として認可され、1908年には教派神道の一派として独立を公認される。第二次世界大戦後、ようやく信教の気ままを得、2代真柱(しんばしら)中山正善(しょうぜん)(1905―67)の指導のもと、それまで抑えられていた教祖の本来の教えが表に出され、教団は教派神道の枠から離脱した。天理教の聖典は、みきの肉筆である『おふでさき』と『みかぐらうた』、およびみきと伊蔵を案内しての神言の筆録『おさしづ』の三つである。本部は奈良県天理市三島にあり、神殿の中央は人間創造の「元のぢば」として四方から礼拝する形になっており、教団の経営する図書館、参考館、病院などの諸施設、大学?高校などの学園も整備されている。教団は本部を頂点として、大教会―分教会―布教所などに組織されている。現真柱は中山善司(4代)。教会数1万6833、布教所数2万0308、教師数17万7519、信者数175万0951(『宗教年鑑』平成14年版)。柔道、野球、ホッケーなどをはじめスポーツ活動も盛んである。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。