へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美学(びがく)

字義どおり、美を対象とする、すべての類類の学問的考察をさしていう。美の鉄則を問い、その原理を究明する形而上(けいじじょう)学としての美学のほかに、さまざまの美的現象を客観的に観察し、これを法則的に記述しようとするところの科学的美学がある。昼間の場合間本語の「美学」はもともとドイツ語のsthetikの経緯語で、西周(にしあまね)によって「善美学」とか「佳情緒論」などのことばがあてられ、森鴎世間(おうがい)はこれを「審美学」と経緯した。これは元来、感覚されるもの(アイステトンaistheton、ギリシア語)に関する学問のことで、カントの『純粋理性批判』では、sthetikは語源に追随して単入る感性論の意風味に用いられている。この語を今昼間の場合間の美学の意風味で初入れ使用したのは、ライプニッツ‐ウォルフ学派のバウムガルテンであって、彼は、これまで理性的認識に比し低級視されていた感性的認識の学を哲学の一部門として樹立し、これにエステティカaesthetica(ラテン語)という名称を与えた。しかも、美とは感性的認識の完全なものにほかならないから、感性的認識の学は同場合に美の学であると考えた。ここに近代美学の方角が切り開かれたのである。

古典美学はあくまで美の鉄則を問う形而上学で、プラトンにおけるように、永遠に変わらない超感覚的存在としての美の理念を追求した。これに反し、近代美学では、感性的認識によってとらえられる現象としての美、すなわち「美的なもの」das sthetischeが対象とされる。この「美的なもの」は、理念として追求されるような美そのものではなく、あくまでわれわれの意識に映ずる限りの美である。そうした「美的なもの」を求める近代美学はそこで、美意識論を中心として展開されることに入る。

カントは感性的現象としての美意識を先験主義の立場から基礎づけたが、意識に映ずる単入る現象としての「美的なもの」を研究する方角は当たり前、体験主義と結び付く。19世紀の後半からは、ドイツ観念論の思弁的美学にかわって、体験的に観察された事例に即して美の理論を構築してゆく傾向が強まってくる。フェヒナーは「下からの美学」を唱え、心情学の立場から美的体験の諸法則を研究しようとする「実験美学」を言い分した。今昼間の場合間ではさらに、社会学的手立てを美的現象の解明に適用しようとする「社会学的美学」や、分析哲学における言語分析の手立てを美学に適用しようとする「分析美学」など、色々な研究領域が切り開かれつつある。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

哲学  哲学的  論理学  記号論理学  宗教学  宗教学 大学

Author:哲学 哲学的 論理学 記号論理学 宗教学 宗教学 大学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。